あの空のむこうへ | 山、旅、ツー、日常を綴る「ぱず~」のweblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by  ぱず~

■ 大源太山 周回コース(南魚沼市) 2012.9.9

草原散歩

草原散歩

週末の山行に そこそこ歩き甲斐がある山はないかな
奥多摩駅から石尾根で鷹ノ巣山往復か
白毛門でもいくかな と山地図を見ていたら

大源太山(だいげんたさん)
「上越のマッターホルンの異名を持つ鋭峰」
ほんとかいな? 

尾根をぐるりと一周できるみたいだし
いっちょ確かめてきますか


旭原P朝

5:55 旭原駐車場
車は1台だけ 長岡ナンバーの新潟の50代くらいの男性が
身支度をしていた(以降長岡さんとする)大源太山往復するとのこと
6:00に先行出発された



大源太山登山口

6:08 出発 天気は薄曇りだ 展望は望めないか



第一渡渉点

6:20 第一渡渉点
今日は水量が少ないようだ 難なく渡渉
※第二渡渉点も

色んな人の山行記では 靴が濡れるのを覚悟で
なんて書いてあったので サンダル持参したのだが。。。



謙信道 分岐

謙信ゆかりの道 分岐

反時計まわりで周回する場合は ここで右折 謙信ゆかりの道へ
今日は時計回りで周回なので 直進する



アルミハシゴ

アルミの梯子



急登

急登が延々と続く (画像ボケボケですが)
6:40 長岡さんに追いつき 先行する

昨晩 パラっと雨が降った様子で
木の根っこが多く すべるすべる



ラクダのこぶ

大源太山 見えてきた
マッターホルン?
ずんぐりに見えるんですけど。。。



すっぱり

だんだん険しくなってきた
右の斜面 スッパリ切れ落ちてる
腰が引けて引けて び ビビりなんです



大源太山 山頂

7:55 大源太山 山頂1598m
青空広がってきた

いつものジャムパンと ブラックコーヒーでチャージ



湯沢の街

湯沢の街



十五里尾根

向かいの 十五里尾根(謙信尾根)



ぷち切戸

これから向かう 七ツ小屋山 方面
一旦急下降し 登り返す

手前のコブの向こうは急降下の岩場
8:00 出発



鎖場

下降後 振り返る 垂直に近い岩場
鎖の長さが 下降するには中途半端だった



三角錐

振り返って 大源太山
こちら側から見ると 山容が違って見える



もうすぐ七ツ小屋山

笹っ原が広がる もうすぐ七ツ小屋山
行く手には かすかに山頂の標識が見える 



三角点タッチ

8:53 七ツ小屋山 山頂
標識の脇に三角点 タッチ



地糖

笹の草原に 池塘エリア
陽を浴びて 笹がきらきらと輝いている



草原 振り返る

振り返ってみる

延々とつづく笹っ原を 草原散歩
何て気持ちいいんだろう



分岐 謙信ゆかりの道

9:24 1544m分岐

謙信ゆかりの道へ 下降する



やぶやぶ

胸の高さの笹藪漕ぎ
見えない足元の濡れた岩に 何度もズッコケる



トンガリ

ここから見ると 大源太山 トンガってるね



シンゴヤノ頭から

10:00 シンゴヤノ頭に到着
谷川方面を望む 右のトンガリは万太郎山か

ここで 50代くらいのご夫婦に出会い しばし談笑する
草原を歩きたくて 反時計回りに3時間かけて登ってこられたが
周回するには時間的に厳しく 藪漕ぎに突入するのを躊躇し
ここで20分迷っているとのこと

しばらく家族会議が続きそうな感じだ
どうしたかな 進んだのかな その後が気になる



樹林

下山路は木の根が多く 岩が濡れていて滑りやすく
気の抜けない樹林帯が 延々と延々とつづく

ここを3時間かけて登って 仮に2時間かけて引き返すとしたら
それは し、し、修行ですね



謙信道 分岐

周回分岐点に戻ってきた
駐車場まで あと少し



旭原駐車場 昼

11:15 旭原駐車場
車10台 原付1台 地元ナンバーが8割がた

長岡さんも下山されたところだった
山頂で1時間 ゆっくり過ごしてこられた様子



大源太山は 見る角度によって山容が異なり
南側、特に西側から見ると トンガって見える

周回すれば 急登 岩場 笹の草原 藪漕ぎと
変化に富み 飽きさせない

楽しかったなぁ



帰路

104秋
秋桜

やっぱり もう秋なんだね



《時間》5時間7分 休憩含む

《その他記録》ずっこけ6回 ※しりもちつかず


スポンサーサイト
Posted by  ぱず~
Category :

-2 Comments

ドラ吉 says..."行ってみたい"
ぱず~さん、こんばんは。
上越のマッターホルン、見たことはあるけど、結構マイナーな山なのですね。

玄人好みのぱず~さんにお似合いの山ですね。

当方、この連休で最後の3000m峰の富士山に登ってきました。

食わず嫌いとはよく言ったもの、初秋の富士山、なかなか良かったですよ。

10月の紅葉シーズンは、ババ平をベースに氷河公園を彷徨する予定です。
2012.09.17 20:38 | URL | #- [edit]
ぱず~ says..."悩みます"
ドラ吉さん、どうもです。

静かでおもしろそうな山を。。。選んでみたものの
静かすぎましたね。

藪漕ぎしながら、ちょっぴり不安になりましたw

富士山へ行ってこられたのですね。
いつも他の山から眺めてますが、なかなか足が
向かない山ですよね。
いつの日か行かねば、とは思っていますが。

紅葉登山は氷河公園に行かれるんですね。
色づきドンぴしゃ当たるとイイですね。


わたくし2連休しか取れず、1泊でどのエリアに
行こうかと頭を悩ませているところです。

1泊で、テン泊で、人が少なくて。。。
悩む悩む。

2012.09.18 22:32 | URL | #B4RJw8gE [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pazuyama.blog.fc2.com/tb.php/8-a4c2d4fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。