あの空のむこうへ | 山、旅、ツー、日常を綴る「ぱず~」のweblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by  ぱず~

■ 2012年末放浪 その2

100八幡掘4

旅の2日目は歴史ある町並みを散策

1日目はこちら

まずは三重県亀山市にある
東海道五十三次の47番目 関宿へ



049JR参宮線

伊勢市駅からJR参宮線で 終点の亀山駅へ



050関西本線

亀山駅でJR関西本線へ乗り換え



052関駅

JR関駅



053関宿東の追分

駅から徒歩約10分で 関宿の東の追分へ(宿場の江戸寄り)
江戸から百六里 伊勢神宮外宮へ十五里

ここは伊勢別街道の分岐で 鳥居は伊勢神宮の
式年遷宮の際 古い鳥居を移築するのが習わしとか

雨天だからなのか 人っ子ひとり見当たらない
雨の中を歩くのは正直鬱陶しい
けれども古い町並み散策には 雨のしっとりとした
雰囲気は嫌いじゃないな 静かな宿場をのんびり散歩



064百五銀行

百五銀行 景観に配慮した造り
ATMは「現金自動取扱所」の表示



066桶屋

桶重



067関宿1

068関宿2

069関宿3

070関宿4

075眺関亭から西

眺関亭2階から 京方向を眺める



076眺関亭から東

眺関亭から 江戸方向を眺める



079関宿4

080関宿5

081関宿6



082地蔵院

重文 地蔵院 741年に行基が地蔵を安置した
のが始まりとされる 本堂は1700年建立

ここで東の追分から 関宿全体の5分の3くらいを
歩いたことになる 関宿散歩はここまでとしよう

関宿は馬篭や妻籠や奈良井より観光地化されて
いない 町並みを大切にしながら日常の生活感が
感じられる 後世に残してほしい町並みだな

関駅へ戻り 関西本線で柘植駅へ行き草津線で草津駅へ
草津駅から東海道線に乗車



120JR近江八幡駅

13:03 JR近江八幡駅で降車
さてそろそろ本日のお宿を予約しておきますか
明日の散策地周辺で宿を検索検索 ポチっと予約完了
これで心置きなく近江散歩できますね

駅から近江鉄道バスで約10分 小幡町資料館前で降車



091八幡掘1

八幡掘へやってきました



094八幡掘2

ここも雨天だからなのか 人影がほとんどない
観光客とおぼしき車は通り過ぎるのだが。。。



098八幡掘3

桜の季節もいいだろなぁ



100八幡掘4

のんびりと散歩しました



103白雲館

白雲館(旧八幡東学校) 1877年建設(明治10年)



111近江兄弟社

近江といえばコレ 乾燥する季節にお世話になってます



114近江兄弟社看板

メンタームでお馴染みの近江兄弟社 
リップクリーム 冬は毎日使ってます



113.jpg

メンターム資料館 休館日 残念

近くの新町バス停から近江八幡駅へ
東海道本線で6駅乗車



122JR彦根駅

JR彦根駅にやってきました 本日のお散歩はここまで
駅近くのホテルに宿泊

歴史ある町並みを静かに散歩できて満足満足


三日目はこちら


スポンサーサイト
Posted by  ぱず~
Category : 散策・旅

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pazuyama.blog.fc2.com/tb.php/24-eb02bd1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。