あの空のむこうへ | 山、旅、ツー、日常を綴る「ぱず~」のweblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by  ぱず~

■ 2012年末放浪 その1

006豊鉄出発!

2012年の旅の締めくくりに 放浪旅へ


当初 年末の旅は寝台列車サンライズ出雲で島根へ向かい
出雲・松江を散策するつもりだった

予想通り人気の列車 わずかな切符を手にすることが出来ず
旅の前日まで みどりの窓口にキャンセルが出ていないか
1か月通い詰めたが やはりダメだった

さて明日からの旅 どこへ行こう 空きのある夜行高速バスを検索
新宿~津の3列シートの切符をゲットした
バスは3列シートの車両に限る 4列シートでは窮屈で眠れないのだ
ひとつ心配なのは 年末の帰省で混み合う高速道路の渋滞だ

まずは伊勢神宮へ行こう 初日の宿を伊勢市内に確保した
あとは。。。地図と時刻表を持って気ままに旅をしよう!


仕事納めの日の夜 雨の新宿を23:30に出発
津には翌朝9:00到着予定だ

東名~新東名は所々で渋滞 最初の中継ポイント東岡崎には
予定より2時間以上遅れの7:30到着した
「この先も渋滞が予想されます。お急ぎの方は
電車をご利用下さい」との運転手のアナウンスが
同じ姿勢でお尻も痛いし 高速バスを降りることにした


駅前広場のベンチで地図を広げて思案した
このまま電車で名古屋を抜けても面白くない
渥美半島先端の伊良湖から伊勢湾フェリーで鳥羽へ渡ろう

東岡崎から名鉄快速特急で豊橋へ



003豊橋鉄道

豊橋からは豊橋鉄道で 終点の三河田原へ



007豊鉄複線

豊橋鉄道は単線だ

先頭車両の運転手の背後から カメラのシャッターを切った
ガラ空きの車内には3名だけ 向かいの小学生くらいの女の子が
珍しいものでも見るかのような視線を「ぱず~」に向ける

「ぱず~」は乗り鉄でも 撮り鉄でもございませんよ
何気なく装ってはいたものの おじさんのちょっぴり
はしゃいだ気持ちを 子供に見透かされたような気がしたな

ははは



011三河田原駅

終点の三河田原駅に9:20着

半島の先端まで路線バスで約50~55分だが
10:24のバス発車まで1時間以上ある

街を散歩して できれば朝食をとりたい



009珈琲本舗いとう屋

珈琲本舗いとう屋で たっぷりモーニングセット

撮影前にホットサンド1個食べてしまった
お腹空いてたんだな

おいしい珈琲で 朝食を頂き満足
ここで持参した伊勢のガイド本で 伊勢神宮周辺の予習と
散策のプランニングを



012渥美半島田んぼ

豊鉄バスからの車窓 田んぼが広がるのどかな景色

フェリー乗り場に向かうのは「ぱず~」と
もう一人の20代くらいの男性のみ



013伊勢湾フェリー

11:50伊良湖港発の伊勢湾フェリーで鳥羽へ 約55分の船旅だ
出港早々 心地よい揺れが眠りを誘う その後の記憶がないw



017鳥羽港

「間もなく鳥羽港へ入港します」のアナウンスで目が覚めた

鳥羽といえば港
港といえば船
船といえば兄弟船 鳥羽一郎だな
そういえば今日初めて 鳥羽一郎と山川豊が兄弟だと知った



020浜辺家

鳥羽の駅から徒歩10分の浜辺家で昼食 海鮮丼とカキフライ
赤味噌の味噌汁が懐かしい 
今は違うが子供の頃は 味噌汁といえば赤味噌だったな

食事のお味は。。。。はい次いきましょう



023ギャング釣り

港の堤防で地元の方が釣りをしていた
竿を入れると すぐさま竿がしなる
カツオの一本釣りのように次から次に魚があがる
魚を針で引っ掛ける ギャング釣りでボラを釣っていた



021ボラ大漁

大漁のボラ
「食べられるんですか?」と尋ねると
『刺身じゃ食わないけど 食べられるよ』とのこと

ボラの顔は気持ち悪く
食べたいという気にはなれないな



026JR鳥羽駅

JR鳥羽駅



027JR参宮線

JR参宮線 快速みえ号で伊勢市へ



028海近っ

海近っ



029撮り鉄

伊勢市駅ホームで見かけた 撮り鉄?
動画撮影に夢中のご様子



030伊勢市駅

14:18 伊勢市駅

今日は伊勢神宮の「外宮(げぐう)」を散歩の予定
明日は「内宮」と「おかげ横丁」「蔵の街 伊勢河崎」を
散歩する予定だ

が、お天気は下り坂の予報なので 予定は変わるかも



031門前町

伊勢うどんを食べようかと考えていたが 
いかにも門前町という雰囲気に辟易してやめた
名物に旨いものなし

赤福は子供の頃から散々食べてきたので今回はスルー
「ぱず~」のルーツは この東海地方にもあるのだ

駅から5分程で伊勢神宮外宮へ



035第二鳥居

第二鳥居



038正宮

正宮(しょうみや)

賑わってますね 内部は撮影禁止なので遠目からパチリ

「ぱず~」は参拝に訪れたわけではなく
年代物の建築物をみたり 周辺空間の雰囲気を味わうのが目的
手を合わせたり パンパンとはやりません
厳かな雰囲気は好きですね



040式年遷宮

正宮の隣の敷地では 来年に迫った式年遷宮
(しきねんせんぐう)に向け
新たな神殿の建造が進められていた

式年遷宮は20年に一度 神殿等を新調して
伊勢神宮の永遠性を保つための大祭で
約1300年間続いてきたらしい

古材は20年後 大鳥居に再利用されて
さらに20年後には街道等の鳥居に再利用
さらにさらに20年後には全国の神社の用材となるらしい

200年物の檜を使用するために 伐り出す山も
200年計画で準備しているとか
時代を越えた浪漫を感じる話ですね



041土宮

土宮

神宮内には別宮(わけみや)がいくつもあり その内のひとつ
ひと通り全部見て回ったが ほぼ同じような建物



045白馬

散策を終えて人通りの少ない裏参道を歩いていると 脇道に白馬が
静かな境内に蹄の音が響き 何とも印象に残る光景だった

外宮を出ると 雨がぱらつき始めた



047宇治山田駅

近鉄 宇治山田駅 1931年開業
クリーム色のテラコッタタイル貼りの外装が特徴の近代建築

これを見たくて外宮から15分歩いた



048宇治山田駅構内

1階構内も素敵な雰囲気


バスで伊勢市駅へ移動し本日の行程は終了 駅近くのホテルで宿泊
明日は一日雨の予報だ 伊勢神宮はもうお腹一杯だし
観光地丸出しの街も もういいかな

明日はどこかへ移動しよう ホテルで地図と時刻表に相談して就寝

予定通りにいかない旅って 何て楽しいんだろう
思ってもみなかった風景に出会えるし
好奇心をかき立ててくれる
明日はどんな景色に出会えるのだろう


二日目へ


スポンサーサイト
Posted by  ぱず~
Category : 散策・旅

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pazuyama.blog.fc2.com/tb.php/23-4905a49d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。