あの空のむこうへ | 山、旅、ツー、日常を綴る「ぱず~」のweblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by  ぱず~

■ 聖地巡礼 2012.9.22

頂上社

週末の天気は芳しくない予報だったが
ガツンと歩きたい欲求を抑えられなかった
体を いじめて いじめて いじめ抜きたい

ガツンと歩きごたえのあるとこ ないかな。。。そうだ!


ドMの聖地? 黒戸尾根へ行こう!!

甲斐駒ケ岳 2967m
登山口から山頂までの標高差 約2200m

竹宇駒ヶ岳神社駐車場

9月22日(土)
4:30 中央道をひた走り やってきました竹宇駒ヶ岳神社駐車場
少しでも明るいトイレ前にバイクを駐車
雨が降ってもよいようにカバーを掛けた

駐車場には約15台が駐車 3~4人が出発の準備をしていた

黒戸尾根対策として 念入りにテーピング
久々にサポートタイツを装着

水を2.5L持参 いつもより早めの水分補給と
行動食補給を心掛けることにした



暗いなか出発

4:50 出発 一睡もしてないけど大丈夫かな
登頂は6時間後の11時頃を目指そう

真っ暗な林道を進む



吊り橋

神社横の吊り橋を渡る
暗い中ここまで辿りつけるよう 経路を予習しておいた



登山道分岐

5:12 登山道と渓谷遊歩道の分岐



横手・白須分岐

6:28 横手・白須分岐 すっかり明るくなった
山頂まで7時間。。。ですか



苔生す樹林帯

苔生す樹林帯がつづく 緑が鮮やかだ 気分がいいね
寝不足だが 体調は尻上がりによくなっていく



石碑

黒戸尾根は駒ヶ岳神社奥宮への参道
道々こんな石碑・石仏があちこちに



刃渡り

7:35 刃渡り ここはあんまり怖くなかった
鋸岳方面が望める 行く手の駒ヶ岳は雲の中



刃利天狗

7:50 刃利天狗 ここで10分小休止
急登は続くよ どこまでも



五合目小屋跡

五合目小屋跡 ここで。。。



アイテム

アイテム ゲット! って重くて片手じゃ持ち上がらん
鉄剣が2本


長ーいハシゴ

長~いハシゴ この鉄+木のハシゴが多かったな



七丈第一小屋

9:20 七丈第一小屋 ここまで3名を追い越してきた
おにぎりタイム5分休憩 他5名が休憩中
40代後半?日帰りピストンのトレラン男女ペアが
休まず進んでいった

天候が崩れたり 復路でバテたら ここに泊まろかな
今のところ疲れもなく 調子はいい 問題は下りだな



七丈第二小屋

第一小屋を出発すると すぐのところに第二小屋が建っている



七丈小屋 テン場

第二小屋のすぐ上にはテン場



足がかり

道はよく整備されていて歩きやすい



二本の剣

岩の上に二本の剣



ジョーズ岩

ジョーズ岩



岩場

山頂が近づくと 岩場が多くなってきた 赤い目印の杭が所々に



登頂 社

10:45 甲斐駒ケ岳 山頂
ほぼ予定通り 5h55で登頂 達成感でいっぱいだ

上りで1Lの水を消費した
この日は風が涼しく 上るのにちょうどよかった



山頂標識 甲斐駒

山頂は北沢峠からの登山者で賑やか
50人くらいいたかな



甲斐駒 三角点タッチ

三角点タッチ



鋸岳方面

鋸岳への稜線 こちら側は雲の切れ間から辛うじて見えた
他の南アルプスの山々はガスガスで見えず

眺望のない山行 ドM山行にふさわしいね

いつものジャムパンが旨い旨い

さてと これからどうするかな
七丈小屋で1泊か 下山しても夕方になるから麓で1泊か

ケータイ電波が届いたので 麓の宿を検索検索
ぽちっ と宿を予約 逃げ道を断った 前進あるのみ

のんびり30分休憩 11:27 下山開始
予想タイムは4h30くらい 16時頃かな



色付いてるね

山頂直下はすでに色づいていた
上りの時は 余裕なく気付かなかった

下山路 刃利天狗手前くらいまで
日帰り山行の50代くらいの単独男性2名と
計3人で前後しながら下った



下界の田んぼ道

下界は晴れてるぞ
あの長~い金色の田んぼ道を バイクで駆け抜けたら
気持ちいいだろうな 帰りに寄ってみよう
楽しみにして下山路がんばろ

上ってくる登山者が意外に多い
すれ違ったのは30~40名くらいだろうか
しかも約半数はテン泊装備だ



黒戸の森

刃渡りを過ぎると ブナ林と笹原が延々と続く
気持ちいい道だ 疲れているのに顔はニコニコだ

。。。なんて言っていられたのは途中まで
復路は イヤにならないよう地図のコースタイムを
見ないようにしていたのだが 

駐車場まで あと30分くらいかな と思っていたところに
横手・白須分岐の標識が 「竹宇登山口 1時間30分」

無心で足を前に出す 右足左足 右足左足
疲れ切っているのに ペースアップ
最後の1時間は駆け降りるようにして



駐車場のサル

おつかれさま



駐車場全景

15:45 駐車場
復路4h18 ほぼ予定通り  往復計10h55※休憩含む

復路 水1.2L 往復1L 計2.2L消費


帰路
あの金色の田んぼ道(武川米の産地)をバイクでトコトコ
宿へ向かう 幸せだなぁ としみじみ

9月23日(日)
雨の中央道で帰路へ 
雨でも 山行を回想しながら メットの中ではニコニコだ

黒戸尾根 また上りたい ただし下りは勘弁だ
次回は 山頂から仙水峠~アサヨ峰~早川尾根へ縦走しよう


スポンサーサイト
Posted by  ぱず~
Category :

-1 Comments

ドラ吉 says..."台風一過"
ぱず~さん、こんばんは。
強風が吹き荒れています、@柏。

相変わらず骨っぽい山行を続けておられますね。
新潟の山、越後三山ですか?

当方、10/3の夜から出撃予定で、今日は食材等を揃えてパッキングも済ませました。明日以降北アルプスの天気は回復するようですが、この台風の影響で紅葉がどうなるか心配です。
まあ、槍を眺めながらのんびり歩ければ、それで充分なんですけどね。

それでは行って参ります。
2012.09.30 22:12 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pazuyama.blog.fc2.com/tb.php/10-1fe58a82
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。