あの空のむこうへ | 山、旅、ツー、日常を綴る「ぱず~」のweblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by  ぱず~

■ 八ヶ岳縦走 2013.7.13~14

P1020852.jpg

海の日の連休に 八ヶ岳を縦走してきました

未踏だった権現岳~赤岳の間を やっとこ歩くことが出来たけれど
そこは一面ミルク色の メルヘン!?の世界でした。。。


連休一週間前から 天気予報とにらめっこ
直前まで バイクで木曽福島まで行き
木曽駒をマイナールートで と考えていましたが。。。

山梨周辺が割と天気が良いかも? ってことで
前日に八ヶ岳に決定

13日(土)に中央線を乗り継ぎ乗り継ぎ
小淵沢に到着したのは8時4分

予想外にガランとしたタクシー乗り場で
何とか乗り合わせさせて頂き 観音平に8時半頃到着



P1020737観音平

駐車場は満車 道路もず~っと坂の下の方まで駐車してました
もたもた準備して 8時45分 出発

青年小屋に到着した頃から台風並みの暴風&ガスガスに
雨が一瞬 パラッときましたが空が明るいので前進!

さすがの3連休
青年小屋には30名くらい休憩してました
ここから前進する人は少なかったですね



P1020757ハシゴ

権現岳を越え 下降途中のハシゴ場
あまり斜度が無く 怖くなかったな



P1020771キレット小屋

13:16 本日のお宿 キレット小屋到着
小ぢんまりとして綺麗な小屋でしたね
本日の宿泊は25名程 布団一人一枚でゆったり休めました

テント場は小屋前の 斜面の林の中ですが
この日は一杯で 幕営地外にもテントが張られてました



P1020772小屋食堂

食堂 テーブル3卓



P1020773小屋ストーブ

この日の晩ご飯メニューは 薪ストーブで炊いたご飯で
カレーをいただきました

小屋番さんが一人なので 晩ご飯の盛り付けと配膳を
皆で手伝い 学校給食を思い出しましたね

食卓での話題は 登山口へのアクセスについて
工夫&苦労は皆おなじですね 楽しいひと時でした



P1020797朝食

翌朝 
朝食は何時でも良い との事で5時から朝食としました



P1020790朝眺望

微妙な天気ですね



P1020795富士山

富士山 山頂はご来光を待つ人で一杯なんだろなぁ



P1020802出発

5:19 出発
まずは小天狗 大天狗を眺めながら進みます
今日も風が強い強い

本日の行程は黒百合ヒュッテ泊まりか
渋の湯へ降りて 温泉に浸かり帰宅か
決めてないけれど とりあえず行ってみよー!



P1020807徒歩の二人

急登で一気に高度が上がる
登ってくるのは 小淵沢駅から観音平までを歩いてきた二人!
タクシーの車窓から見かけたのですが
タフだなーと つくづく感心



P1020816赤岳山頂

6:39 赤岳山頂

一面ミルク色のメルヘンの世界が広がってました(泣)
登山客でごった返す山頂&周辺登山道 連休だもの仕方ないね



P1020825横岳山頂

8:06 横岳山頂
大勢が標柱の撮影待ち 待ちきれずパチリ

さてと硫黄岳へ向かおうと下降点で
すれ違い渋滞を待っていると。。。
登ってくる登山者の中に 見覚えのあるお顔を発見!

sanaeさんとトシちゃんのお二人だ!!

10年程前に山とバイクの検索ワードでたどり着き
毎日のようにHPをポチッとしてましたので
お顔を拝見して一瞬でわかりました

赤岳鉱泉テン泊で硫黄岳~赤岳周遊 
翌日はマゴタンと海に行かれるとか
山に海にと本当にパワフルなお二方ですね
やっとこお会いできて 本当に嬉しかったなぁ



P1020843硫黄岳

硫黄岳に向かう頃には 青空が見えてきましたよ



P1020850硫黄岳稜線

歩いてきた縦走路を振り返る やっぱり縦走ってE~ねっ!



P1020852赤岳~中岳~阿弥陀岳

赤岳~中岳~阿弥陀岳も 姿を見せてくれました



P1020866爆裂火口

爆裂火口



P1020861.jpg

天狗岳方面へ向かいます お天気持つかな?



P1020875.jpg

山びこ荘・ヒュッテ夏沢を過ぎると シラビソの樹林帯へ
展望は無いけれど こんな樹林帯も好きだなぁ
何度も深呼吸したくなりますね



P1020896根石岳

振り返って根石岳



P1020888天狗岳

東天狗と西天狗
またまたガスってきましたよ



P1020907中山峠

11:49 中山峠 
早くついちゃったな もっと先に行ってみよ~



P1020924ラーメン

13:05 高見石小屋でラーメン
ファンタオレンジが染み渡ります

ここまで来るとパンピーの方が多くなりますね



P1020941麦草ヒュッテ

麦草ヒュッテ 見えてきた



P1020942バス停

14:25 麦草峠バス停
茅野駅行きと 佐久平駅行きのバス停



P1020947茅野駅行きバス

15:20発の茅野駅行きに乗車 10名程が乗車 1400円也
R299のクネクネ道の揺れが心地良く 記憶がない



P1020951茅野駅

16:50 茅野駅着
19:05発のスーパーあずさ32号乗車まで約2時間ある

松本方面を望む こうやって山行の余韻に浸ったり
次の夏山は どこ行こうかな~なんて考えるのって
至福の時だなぁ

次は 2~3泊で長く歩けるところがいいかな


おしまい

スポンサーサイト
Posted by  ぱず~
Category :

-6 Comments

chiaki says..."タイトル"
sanaeさんのブログから拝見させていただきました。
実は私、13、14と県界尾根からキレット小屋泊で三ツ頭から天女山に岐阜の友人と縦走の予定でした。
前日の天気予報チェックで岐阜からくる友人は遠いし天気が悪いと...という事で、中止にしました。
気になっていたんです。
小屋の様子やテン場の事も翌日の様子もわかって参考になりました。
何よりsanaeさん達にバッタリ、羨ましいです。









2013.07.15 16:42 | URL | #- [edit]
sanae says..."早いですね~(@_@;)"
歩くのもアップも早いですね(^^ゞ
あれから麦草峠まで行ってしまいましたか!
その若さが羨ましいです^^;
これからもどんどん縦走楽しんでください。
私たちはもう長い縦走は辛いです(笑;

横岳では声をかけていただきありがとうございました。
あの後展望が開けて最高でしたね。
硫黄岳からの稜線が強風とガスで楽しくなかったのですが、歩いてきて良かったと思いました(^^♪

長いこと拙レポを読んでいただいていたようで恐縮です。
今日はマゴタンと海水浴の予定でしたが上の子が熱を出して中止になりました(涙)
結局休養日になりましたが久々のテント泊で体中ギシギシいってます(笑;
昨日まではまだまだイケると思ったんだけどなぁ・・・(^^ゞ
バイクネタ、トシちゃんが喜んでました(トシちゃんと、おこがましくちゃん付けしてます。なので「さん」はいりませんので(^^ゞ)
またお邪魔します。
2013.07.15 18:31 | URL | #EixCJqAg [edit]
ぱず~ says..."chiaki様"
コメント下さり、ありがとうございます。
この連休は、直前まで天気予報に翻弄された気がしますね。
毎晩、山地図を凝視して寝不足の一週間でした。
お友達は岐阜からだとかなり遠いですね。
せっかくの遠征はやはりお天気が良くないと、ですね。
sanaeさん、トシちゃんのお二人にバッタリできて
念願がかないました。
2013.07.15 21:56 | URL | #EVyfgUYw [edit]
ぱず~ says..."sanae様"
思いがけずお会い出来て、本当に嬉しかったです!
横岳でお会いした後、ガスがとれ山々を望めてご機嫌な
山行になりましたね。
sanaeさん達が、翌日海にお出かけになると伺い、
ぱず~も「よし明日は秩父へツーリングだ!」と意気込み
ましたが起き上がれず撃沈、山レポを書いていた次第です。

しばらく小屋泊が続いてまして、軽装で縦走でしたが
そろそろ重装で縦走w、テン泊山行へ復帰したいなと
考えているところです。
sanaeさんとトシちゃんのようにデカザックで!!
2013.07.15 22:29 | URL | #EVyfgUYw [edit]
トシちゃん says..."タイトル"
声を掛けて頂き 有難うございます。
「さん」は要りませんよ、「ちゃん」だけでも十分なんですから(笑)
お互いガスガスの中では最短距離で下山を考えてましたよね
ところが天気回復でラッキーでしたね、
でも麦草までとはビックリビックリ、脱毛あっ脱帽です。

昨日は電車で正解ですよ!
自分達は3時頃「赤岳山荘の駐車場」に下山、風呂に入って高速に入り
双葉SEで食事&仮眠 9時に出る頃は渋滞20キロ まいりました(泣)。

まあ バイクの場合はあまり渋滞は関係ないけど、
この様な縦走はできませんからね、 
あっぱれな行動ですよね (拍手、拍手)
2013.07.15 22:29 | URL | #VUZGLy.s [edit]
ぱず~ says..."トシちゃん様"
連休は道路も登山道も混み混みですね。
20キロの渋滞でしたか!「小仏トンネルを先頭に。。。」
人が多過ぎず、少な過ぎず(ぱず~の場合)、毎度地図を
見ながら悩みますね。
バイクは渋滞知らずですが、夏はこうも暑いとなかなか
乗り出せませんね。バイク山行は気力・体力が万全で
ないと。。。月1回、バイクに乗るのも億劫になっている
のはココだけのナイショです(^^ゞ
2013.07.16 00:08 | URL | #EVyfgUYw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pazuyama.blog.fc2.com/tb.php/37-ee738a05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。